☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★

☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★     営業時間 平日 9:00-20:00 土曜 9:30-19:00 定休日:日曜・祝日
【日本酒販売銘柄】  扶桑鶴(島根)・竹鶴(広島)・旭菊(福岡)・肥前蔵心(佐賀)・杜の蔵(福岡)・七本鎗(滋賀)・神亀(埼玉)・諏訪泉(鳥取)・天穏(島根)・るみこの酒(三重)・杉錦(静岡)・十旭日(島根)・睡龍・生もとのどぶ(奈良)・冨玲・梅津の生もと(鳥取)・竹泉(兵庫)・上川大雪(北海道)ほか   【ワイン】 スペイン・ポルトガルワインを中心に品揃え
【ビールサーバーレンタル・無料貸し出し】樽代のみでサーバーとサーバー用氷も無料。札幌市内・近郊は配達も無料。
ホームパーティーやイベントなどにご利用ください

2008年7月18日金曜日

蔵巡り最終章









もお、続きがなかなか書けません。
どうもめんどくさがりで、申し訳ないです。
続きは、あっさりといきます。

宿泊は雨の中、天狗山の麓にあるキャンプ場で泊まりました。
キャラの濃い爺さん達の受付を済ませ、キャンプインです。
小雨の中ですが、楽しく和気藹々と行いましたよ。
不便だったのが、駐車場からキャンプ場まで距離があること、
それが無ければ、結構goodなところです。
魚介類メインのとても豪快な料理ばかりで、
料理酒代わりに大吟醸を使う贅沢さは、まさに日本酒好きにはたまりません。
乾杯は、フランスのブランケット・ド・リムーで乾杯です。(写真1枚目)
大いにテンションも盛り上がり、あっという間に朝になってしまいました。
なんと不潔に顔も歯も磨かずに寝てしまい、(良いこのみんなは真似をしないで下さい。)
軽い二日酔いとなってしまいました。
その割りに、もらった日本酒はほとんど手をつけず、持ち込んだワインとビールばかり減る始末。
何のための蔵巡りだか・・・
まあその日本酒は、次回の反省会にということで、
朝方は天気もよく、皆で爽やかに天狗山からの景色を堪能しました。(写真2枚目)

さてこれからは腹ごしらえに余市の柿崎商店へ行き、うに丼を堪能しました。(写真3,4枚目)
うまかったですよお。
こんな量のうにをひさびさに食ったなあ。
値段も安く、1350円で収まります。
ここはめちゃくちゃお勧めです。
是非、余市へ行く際には寄ってみてください。

次はさくらんぼ狩りに行き、(写真5,6枚目)
うに丼を食べた腹一杯のお腹のままさくらんぼを満喫しました。
さくらんぼもうまかったです。(お腹はパンパンです。)

そして最後は、ニッカウヰスキー工場見学です。(写真7,8枚目)
ばてばての中、見学をしました。(写真を見ていただくと手抜き具合がわかるかと思います)
そして真狩温泉で体を癒し、家路に向かいました。

本当に、一緒に蔵巡りに行った皆さんお疲れ様でした。
楽しい蔵巡りとなり、本当に有難うございました。
自分はほとんど何もせず、運転はじめカイドまで、
酒飲み仲間にまかせっきりで至れりつくせり旅行でした。
また次回も行きたいですね。

最後に、全体の蔵を見て感じたことは、
私が訪れた蔵元(主に本州の小さな蔵)と比べると、
どの蔵も個性が意外に薄く感じました。
造りなどに関してもそうですが、原材料に対するこだわり、
造りの工程など細部にわたる話があまりないように感じました。
こだわりという点に関しては、
どの蔵も、濃縮酒、リキュールなど新しいものに逃げているようにも感じます。
実際様々な問題などがあり、難しいのかも知れません。
やはり目で見て肌で感じないと良い面、悪い面が見えないのが事実だなと感じました。
ただ個人的には、北海道の蔵は地元ということもあり、頑張っていただきたいです。

少し辛口コメントになりすみません。

まあ、そんなところで、

それでは、それでは。



0 件のコメント:

コメントを投稿