☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★

☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★     営業時間 平日 9:00-20:00 土曜 9:30-19:00 定休日:日曜・祝日
【日本酒販売銘柄】  扶桑鶴(島根)・竹鶴(広島)・旭菊(福岡)・肥前蔵心(佐賀)・杜の蔵(福岡)・七本鎗(滋賀)・神亀(埼玉)・諏訪泉(鳥取)・天穏(島根)・るみこの酒(三重)・杉錦(静岡)・十旭日(島根)・睡龍・生もとのどぶ(奈良)・冨玲・梅津の生もと(鳥取)・竹泉(兵庫)・上川大雪(北海道)ほか   【ワイン】 スペイン・ポルトガルワインを中心に品揃え
【ビールサーバーレンタル・無料貸し出し】樽代のみでサーバーとサーバー用氷も無料。札幌市内・近郊は配達も無料。
ホームパーティーやイベントなどにご利用ください

2008年11月27日木曜日

緊張の連続

年の瀬も近づいてまいりました。
今日は、とても眠いです。

昨日は、ある企業の会合がありまして、そこで日本酒について語ってきました。
人数は20数名程度でしたが、いつもの会とは勝手が違い、
皆さん企業の大御所ばかりでしたので、めちゃくちゃ緊張の中説明させていただきました。

最初に、日本酒についてのつくり方を簡単に説明、
その後に、純米酒、吟醸酒、大吟醸酒、本醸造酒などの説明を行ってから
私が用意した日本酒で効き酒クイズなるものを行いました。
その間、質問タイムなども行い、終始などやかな雰囲気で無事終了しました。

ただ、名前は明かせませんが今回の企業の集まりは、
本当に独特でした。
あそこまで規模の大きな会だと、
ある程度の規則、規律などを重んじるものなのかなと思いました。
本当に、高校時代の朝礼を思い出しましたよ。

そのあと、2次会では来ていた方たちに勧誘などを受け、
どうすればよいのか困りましたね。

時間とお金があれば、コミュニケーションをとるという意味では、
大変必要かなと思うのですが、まだ早い気も正直あります。(なんせ大御所ばかりですし)
皆さんなら、こういう場合どう考えるのでしょう。
まあ、なんにしても自分で決めることなんですけどね。
それでは、今日は寝ます。
おやすみなさい。



2008年11月24日月曜日

ボージョレの会続き







すみません。
ワインと料理の写真をアップしていなかったので、写真を送ります。



2008年11月23日日曜日

無事終了

昨日は、無事ボージョレヌーヴォの会が終わりました。
参加者は20名以上を超え、盛況となりました。
本当に参加していただいたお客様、
レストラン のやのスタッフ、マスター美味しい料理をいつも有難うございました。

ただ今回の会は、反省点も数多くありました。
自分にゆとりが無かったこともありましたが、あまり皆さんとお話が出来なかった気がしました。
それと、写真を撮り忘れたこと。痛いミスです、後で写真はアップします。

軽い言い訳ですが、実はここ最近妙に忙しく
睡眠時間も1日3~4時間ほどが続き、自分にゆとりが無かった気がします。
次回は、もう少しゆとりを持って取り組みたいと考えています。

それでは、会の話しに戻りますが、
今回は、4種類のボージョレヌーヴォ(赤)と1種類のマコン(白)、
さらに1年前のボージョレを2種類、それと2年前のボージョレ1種類、計8種類用意しました。

それと、今回は金額当てクイズなども用意しました。
当たった方はソムリエナイフをプレゼントという内容で、
意外な盛り上がりがありましたよ。
皆さんから軽い誘導尋問などもあり、どう答えようか戸惑いつつ、
うそも言うのもまずいし、しゃべりすぎも良くないしなどと、勝手に考えていました。

正解者は、参加者23名中4名の方がいました。
名前を呼んだときには、すごい歓声が沸き起こる盛り上がりでした。
たまにクイズも良いですよね。でも誘導尋問は緊張しますけど。

さて味はといいますと、

ヴィニュロン デ テール セクレット マコン
白ワインですが、いつも自分が飲むマコンは、はずれが多いのですが、
今回はフレッシュさがありかつ、
しっかりとした味わいを残したマコンでかなりグーな味わいでした。

ジャン ド ロレール ボージョレ ヌーヴォ
まさにヌーヴォという味わいです、
うっすら青リンゴとみかんの皮の香りがあり、強い酸味が広がります。

ポール ボーデ ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォ
ピリッとした舌触りがあり、甘味が強くうっすらみかんの皮のような味わい。奥から渋みがあります。

ルイ テット ボージョレ ヌーヴォ
酸味と甘味のバランスが良く、タンニンが程よく感じます。

キュヴェ サントネール ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォ
個人的に1番好きなボージョレで、香りがクリーミーでバランスが良くとても飲みやすいヌーヴォです。

ここからは1年前のボージョレです。

ドメーヌ リュエ ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォ 2007
うっすら熟成感があり、飲み口のバランスが良くまずまずです。

キュヴェ サントネール ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォ 2007
味がまろやかになり、飲み口がさらに良くなります。

キュヴェ サントネール ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォ 2006
ちょっとコルク臭は残るが、味は落ち着いている、ただこのくらいの熟成が限界かも
のラインナップでした。

ただ、残念なのが今年のボージョレが完売となり、
熟成するボージョレがなくなってしまったのです。
来年は、1年熟成のボージョレは無いのですが、ボージョレの時期には、また皆さん来てくださいね。

さて次回は、今年最後?の企画、「純米酒VSフランスワイン」を行います。
純米酒とフランスワインをご用意し、タイプ別に飲み比べを行います。
ジャッジしていただくのは、参加していただくお客様です。
是非、今年最後の企画に、足を運んでみてください。
ただ、まだ詳細が決まっていないのが現状です。
お客様も来るのかなあなど、ちょっと不安も感じています。
まあでも前向きに考えますよ。
それでは、また。

「純米酒VSフランスワイン」
日時:平成20年12月14日(日)午後5時30分開始
場所:醸造sバー ザ・ワイン・クラブ
住所:札幌市中央区南4西3丁目 ニュー北星ビル9F
TEL:011-241-6208
会費:5,500円(税込み)
締切:12月10日まで



2008年11月22日土曜日

いよいよ

今日は、ボージョレヌーヴォ会が始まります。
場所は、よくお世話になっている「レストラン のや」です。
こちらは、本当にボリュームのある料理と美味しい料理をいつも出していただいています。
いつも有難うございます。
今年のボージョレですが、全体的に味がよく飲みやすいものが多かったです。
これは、ひどいなどのワインはありませんでしたよ。(うちで扱っているワインは)
さて、これからワイン会が始まります。
気合入れていきましょう。



2008年11月17日月曜日

ひさびさに


カレーを作りました。
個人的に、カレーライスは一人暮らし時代にはまった料理で、
事あるごとに作り、友達に食べてもらっていました。

いつしか作る機会も無くしばらく封印していましたが、
たまたま友人との飲み会で「カレーだけは自信が有る」など言ってしまい、
先週15日にお披露目をしました。

さすがにカレーだけでは、酒のつまみにならないので、鍋も一緒にということで
「鍋VSカレー」なる企画で行いましたよ。
ひさびさということもあり、ちょっと気合を入れて数日前から鳥の手羽先から出汁をとり、
準備を進め、前日にジャガイモ、人参たまねぎ、鶏肉などをいれ、
その他調味料で出来上がりました。気づくと午前2時をまわっていました。

味は自分で作ったのでなんともいえませんが、写真で判断してください。
嬉しかったのは、食べてくれたみんなが、
おかわりをしてくれたのでちょっとホッとしました。
何せ、豪語した手前とても反応は不安でしたので。

ただ張り切って大量に作ってしまい、
半分以上余り結局冷凍することになりました。
また、次回みんなで食べましょう。

さて今週は、ボージョレ解禁、ボージョレの会など予定目白押しです。
気合入れて、行きますよ。



2008年11月5日水曜日

究極の飲み比べ



昨日は札幌は肌寒く初雪が降りました。
自分は、急いでタイヤ交換を行い事なきを得ましたが、
それにしても、いやな季節となりましたね。
寒いのは我慢できますが、雪かきが大変です。
雪かき地獄を考えると、ぞっとします。

さて話はそれましたが、今年最後の会のご案内を掲載します。
今回は、「純米酒VSフランスワイン」と題して行います。(写真は見本です)
日・仏伝統の飲み物「純米酒」と「フランスワイン」を様々なタイプで
飲み比べを行い対決を実施いたします。
(例、熟成酒(純米酒)VS樽熟ワインなど)
ジャッジしていただくのは、参加していただくお客様です。
美味しい料理をご堪能しながら、愉しんでいただこうと考えています。
何が飛び出すかわからない、究極な戦いを是非一度確かめてください。

日時:12月14日(日)午後5時開場 午後5時30分開始
場所:醸造’s BAR THE WINE CLUB(ザ ワイン クラブ)
住所:札幌市中央区南4条西3丁目 ニュー北星ビル9F
TEL:011-241-6208
会費:5,500円(税込み)
締切:12月10日まで
先着40名まで



2008年11月3日月曜日

ボージョレの会やります


11月22日に行うボージョレヌーヴォの会のご案内を致します。
11月第3木曜日にボージョレ・ヌーヴォの解禁日となります。
そこで今回は、様々なボージョレをご用意し、皆さんに飲み楽しんで
いただこうと企画致しました。
また、地下に寝かした去年と2年前のボージョレもご用意し
今年との味わいの違いをご堪能していただこうと考えております。
是非、お一人様もしくは、親しい方とご一緒にご参加いただけたらと思います。

余談ですが、料理はかなり用意いたしますので、
参加できる方、お腹をすかして来てください。

日時:11月22日(土) 午後6時30分開始
場所:レストラン のや
住所:札幌市中央区北2条東11丁目23番地
TEL:011-210-5105
会費:4,000円(税込み)
締切:11月20日まで



2008年11月2日日曜日

生酛の会







昨日は、竹鶴生酛の会を行い、無事終了いたしました。
場所は、おなじみの「さくら京屋」さんです。
生酛4種類と竹鶴純米にごり酒、それと合間に竹鶴純米酒を用意し、皆さんで楽しみました。
人数も盛況で、ほぼ満席となりてんやわんやの盛り上がりでした。

内容は、
清酒 竹鶴純米にごり酒 炭酸割り
前菜 (大根と京人参きんぴら、山ごぼうのおひたし、出汁巻玉子)写真2

小笹屋竹鶴 生酛純米原酒 15号
お造り(しまあじ、サーモン、ひらめ)写真3

小笹屋竹鶴 生酛純米吟醸原酒 
チーズの料理
数の子わさびチーズ、チーズの茶碗蒸し、アボガドの天ぷら味噌チーズソース 写真4

小笹屋竹鶴 生酛純米原酒 13号
豚の角煮 写真5

小笹屋竹鶴 生酛純米原酒 14号
食事(アナゴロール、岩ノリのお吸い物スダチ風味)写真6

以上となります。
写真を見ていただいて、どのような料理か確認してください。

全体的に、今回はにごり酒以外すべて熱燗(45°~50°くらい)で行いました。
どうしても、ぬる燗や冷やであればきつく感じてしまうため
そのように皆さんにはご提案しました。
とにかく、お客様も意外に燗には馴染みが無い様で、良い機会だったのかも知れません。
こういう機会に、燗酒が普及したらよいなとちょっと思いました。

さて、今月は11月22日にボジョレーの会
そして、今年最後12月14日に「純米酒VSフランスワイン」を行います。
それは、改めて告知します。