☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★

☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★     営業時間 平日 9:00-20:00 土曜 9:30-19:00 定休日:日曜・祝日
【日本酒販売銘柄】  扶桑鶴(島根)・竹鶴(広島)・旭菊(福岡)・肥前蔵心(佐賀)・杜の蔵(福岡)・七本鎗(滋賀)・神亀(埼玉)・諏訪泉(鳥取)・天穏(島根)・るみこの酒(三重)・杉錦(静岡)・十旭日(島根)・睡龍・生もとのどぶ(奈良)・冨玲・梅津の生もと(鳥取)・竹泉(兵庫)・上川大雪(北海道)ほか   【ワイン】 スペイン・ポルトガルワインを中心に品揃え
【ビールサーバーレンタル・無料貸し出し】樽代のみでサーバーとサーバー用氷も無料。札幌市内・近郊は配達も無料。
ホームパーティーやイベントなどにご利用ください

2013年6月21日金曜日

明日の営業

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

今週は寒いですね。
消防団訓練大会の練習も3日目に突入です。
ふとももの痛み、腰の痛みなど関節痛が効きます。
とにかく、怪我の無いよう注意して練習します。

さて突然ですが、明日は町内会のゴミ拾い、イベントのため
小飼商店をお休みさせていただきます。
大変申し訳ありません。
来週は、通常通りの営業となりますので、どうかよろしくお願いします。

もし、ご注文等がありましたら、本日中にご連絡いただけると助かります。

よし、イベントに向けて 資料造りに取り掛かります。


*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

2013年6月19日水曜日

22日開催の竹鶴酒造 石川杜氏と語り合う会~とりあえず20日締切です

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

今週は、天気がいまいちパッとしませんね。
後半から良くなるようですが、晴れ間が見えると良いですね。

自分は先週、北海道神宮祭があり、町内での子供樽神輿、
太鼓の練習など付きっ切り状態でした。
そして今週からは、来月10日に開催する消防団訓練大会に向けて
練習がスタートいたしました。

初日は夜10時過ぎまで、飲みながらの打合せ。
そのあと、仕事を控えている身にとっては過酷です。
それぞれの思いもあるのでしょうが、言葉よりも行動を優先すべきですね。
約1ヶ月練習地獄が待っております。
まあ、ある意味、面白おかしくブログにアップしたいと思います。

さて、個人情報についてはさておいて
まだぎりぎりまで募集しております。
蔵元を囲む会~竹鶴酒造 石川杜氏をお招きして
杜氏からの日本酒の造りの事、お酒についてなどをお聞きしたいと思います。
とりあえず20日までの締切ですので、ぎりぎりまで受付中です
この機会に是非、多くのお客様のご参加をお待ちしております。

第8回 蔵元を囲む会~竹鶴酒造 石川杜氏を招いて
日時:平成25年6月22日(土) 午後6時開始
出品日本酒:竹鶴(広島県)
場所:蕎麦とお野菜 おもてなし 花桐
住所:札幌市中央区南1条西8丁目 小六ビル 1F (三吉神社西隣り)
TEL:011-219-7771
会費:6,500円(税込み)
締切:6月20日まで


石川 達也杜氏 略歴
1964(昭和39)年2月広島県東広島市西条出身
1991(平成 3)年3月早稲田大学第二文学部社会専修卒
※卒業論文題目『日本の酒の変遷に関する考察』
1990(平成 2)酒造年度(大学在学中)より神亀酒造蔵人
1991(平成 3)年4月埼玉県蓮田市の神亀酒造株式会社入社
1994(平成 6)年4月同社退社
同年8月広島県竹原市の竹鶴酒造株式会社入社
1996(平成 8)酒造年度より同社杜氏
※神亀酒造の親方が越後杜氏だったため、越後杜氏に仕込まれた広島杜氏という変わり種
2004(平成16)酒造年度より生もと造りを開始
2009(平成21)酒造年度より木桶仕込みを復活
現在に至る


参加ご希望の方は、下記までご連絡下さい。
お問い合わせ・お申込み
㈱カネキ小飼商店
住所:札幌市中央区北2条東11丁目23番地
TEL:011-241-6045 FAX:011-221-1004
E-mail:kogai.sake@diamond.broba.cc

さて、竹鶴月間 今回の日本酒ですが

清酒竹鶴 雄町純米酒 20BY 1.8ℓ 2,500円(税込み 2,625円)です。
アルコール分 15.5度 日本酒度 +5.0 精米歩合 70% 原料米 雄町

平成20年醸造の日本酒になります、竹鶴の中で一番インパクトのある日本酒です。
香りが酢のようツンとくる印象があり、かなり個性的な面も強いですが
酸味がしっかりあり、味の深さが強い。熟成感が出てまろやかな印象もあります。
冷やでいただくとかなりのインパクトですが、燗でいただくことにより酸味が丸くなり
味わい深い印象を醸し出してきます。食べ物としては、辛い物などや中華料理
のような酢豚などとも相性がよさそうです。ちょっと玄人向きかもしれませんが、
紹興酒感覚で愉しむのも良いかもしれません、是非、一度お試し下さい。






*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

2013年6月12日水曜日

久々登場~清酒竹鶴 純米にごり酒

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

今週に入り、一気に夏らしい天気となって参りましたね。
今週は、札幌子供神輿やらがあり、忙しくなりつつありますが、元気に行きましょう。


さて、お酒も揃ってまいりました。
22日開催の蔵元を囲む会 竹鶴酒造~石川杜氏と語り合う会。
気合を入れて準備を着々と進めていきます。

竹鶴と聞くと、ニッカの竹鶴を思い出す方も多いでしょうが、
竹鶴酒造はニッカ竹鶴の創設者竹鶴正孝さんの親戚に当たる方だそうです。
小京都として有名な竹原市でお酒を醸していらっしゃいます。
今回初めて北海道にお越しいただく石川杜氏ですが、
私個人の感想ですが、見た目はゴジラ松井にそっくりです。
最初はかなりインパクトがありましたが、とても気さくで、お話しをするうちについつい魅力に引き込まれてしまうような印象があります。
北海道にはめったにお越しいただくことがありませんので、是非、この機会にご参加しませんか。
ご連絡お待ちしております。


第8回 蔵元を囲む会~竹鶴酒造 石川杜氏を招いて
日時:平成25年6月22日(土) 午後6時開始
出品日本酒:竹鶴(広島県)
場所:蕎麦とお野菜 おもてなし 花桐
住所:札幌市中央区南1条西8丁目 小六ビル 1F (三吉神社西隣り)
TEL:011-219-7771
会費:6,500円(税込み)
締切:6月20日まで


石川 達也杜氏 略歴
1964(昭和39)年2月広島県東広島市西条出身
1991(平成 3)年3月早稲田大学第二文学部社会専修卒
※卒業論文題目『日本の酒の変遷に関する考察』
1990(平成 2)酒造年度(大学在学中)より神亀酒造蔵人
1991(平成 3)年4月埼玉県蓮田市の神亀酒造株式会社入社
1994(平成 6)年4月同社退社
同年8月広島県竹原市の竹鶴酒造株式会社入社
1996(平成 8)酒造年度より同社杜氏
※神亀酒造の親方が越後杜氏だったため、

越後杜氏に仕込まれた広島杜氏という変わり種
2004(平成16)酒造年度より生もと造りを開始
2009(平成21)酒造年度より木桶仕込みを復活
現在に至る


参加ご希望の方は、下記までご連絡下さい。
お問い合わせ・お申込み
㈱カネキ小飼商店
住所:札幌市中央区北2条東11丁目23番地
TEL:011-241-6045 FAX:011-221-1004
E-mail:kogai.sake@diamond.broba.cc



そこで今月は竹鶴月間としまして、竹鶴の日本酒紹介を致します。
清酒竹鶴 純米にごり酒 1.8ℓ 2,200円(税込み 2,310円)
アルコール分 16~17度 精米歩合 70% 
※すみません、データの詳細などがわかりましたら、再度ご案内いたします。

久々にこの日本酒をいただきましたが、牛乳のようなクリーミーな香りが漂い、カツゲンの印象も(昔の人にしかわかりませんよね)、口に含むと甘酸っぱい味わいが鼻に抜け、
ふくよかな旨みとどっしりと重い口当たりが先行するが、程よい酸味がエッセンスとして感じ心地よい喉越しとして通る。キンキンに冷やしていただくと暑い時期にはたまらない一杯ですね。
豆類(豆腐料理)や芋料理などと相性がよさそうです。
ちょっとぬる燗(45~50度)でいただくと、少し酸味が立ちますが、角が取れて味にまとまり感も出てきます。昆布や海苔を使った料理、磯の香りがする料理などともよさそうですね。


最後に余談ですが、お知らせです。


写真ではわかりづらいですが、スコブルと言う雑誌 7号に妻の料理が掲載しております。
無料の雑誌ですので、小飼商店でも置いてますが、
最寄のスーパー、金融機関などにもありますので、是非ご覧になってください。



*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

2013年6月5日水曜日

小笹屋竹鶴限定酒です。~石川杜氏と語る会まだまだ募集中。

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

とうとう、6月に入りましたね。
本当に6月だと言うのにヒンヤリしておりますね。天気は良いですが、
もう少し風が温かいと過ごしやすいのですがね。
まあ、そんなことは良いとして。



今月号としてふりっぱーに掲載いただきました。ふりっぱーとは、地域新聞で札幌では、白石・厚別版で掲載しておりますので、是非、ご覧下さい。
ちなみに、「ふりっぱー見たよ」と告知いただいた方には、
小飼商店の商品を5%引きでご提供いたします。


それと、蔵元を囲む会特別バージョンと致しまして、
竹鶴酒造の石川杜氏にお越しいただき
竹鶴酒造について、また日本酒について語っていただきたいと思います。
北海道は初めてお越しいただきますので、この機会はめったに無いことかと思います。
日本酒も竹鶴をフルラインナップで「冷や」「燗」でご提案いたします。
竹鶴を堪能しながら、花桐さんの繊細な料理で大いに日本酒談義に華を咲かせてください。
是非、竹鶴ファンもそうですが、日本酒好き、またこれから日本酒を飲んでみたい方
必見の会ですので、興味のある方、是非、足を運んでみてください。

第8回 蔵元を囲む会~竹鶴酒造 石川杜氏を招いて
日時:平成25年6月22日(土) 午後6時開始
出品日本酒:竹鶴(広島県)
場所:蕎麦とお野菜 おもてなし 花桐
住所:札幌市中央区南1条西8丁目 小六ビル 1F (三吉神社西隣り)
TEL:011-219-7771
会費:6,500円(税込み)
締切:6月20日まで


石川 達也杜氏 略歴
1964(昭和39)年2月広島県東広島市西条出身
1991(平成 3)年3月早稲田大学第二文学部社会専修卒
※卒業論文題目『日本の酒の変遷に関する考察』
1990(平成 2)酒造年度(大学在学中)より神亀酒造蔵人
1991(平成 3)年4月埼玉県蓮田市の神亀酒造株式会社入社
1994(平成 6)年4月同社退社
同年8月広島県竹原市の竹鶴酒造株式会社入社
1996(平成 8)酒造年度より同社杜氏
※神亀酒造の親方が越後杜氏だったため、越後杜氏に仕込まれた広島杜氏という変わり種
2004(平成16)酒造年度より生もと造りを開始
2009(平成21)酒造年度より木桶仕込みを復活
現在に至る


参加ご希望の方は、下記までご連絡下さい。
お問い合わせ・お申込み
㈱カネキ小飼商店
住所:札幌市中央区北2条東11丁目23番地
TEL:011-241-6045 FAX:011-221-1004
E-mail:kogai.sake@diamond.broba.cc



そして、日本酒のご紹介。
今月は竹鶴マンスリーとしまして、竹鶴特集で行います。



小笹屋竹鶴 生酛純米大吟醸原酒 袋吊り 19BY 7,000円(税込み 7,350円)
原材料 山田錦(兵庫県) 使用酵母 無添加 
アルコール度数 19~20度 精米歩合 40% 

限定商品の日本酒ですが、上品且つ繊細な味わいを兼ね備えた至福の日本酒です。
蜜のような甘い香りを放ち、キュンとした酸味が喉を伝い、味わいのまろやかさを感じます。
そのままで飲んでいただいても良いですし、ぬる燗(45度くらい)でいただくと
豆腐料理など、淡白な味わいとあわせてもらっても良いかもしれません。
ちょっと高級な日本酒ですが、かなりオススメですよ。


*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html