☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★

☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★     営業時間 平日 9:00-20:00 土曜 9:30-19:00 定休日:日曜・祝日
【日本酒販売銘柄】  扶桑鶴(島根)・竹鶴(広島)・旭菊(福岡)・肥前蔵心(佐賀)・杜の蔵(福岡)・七本鎗(滋賀)・神亀(埼玉)・諏訪泉(鳥取)・天穏(島根)・るみこの酒(三重)・杉錦(静岡)・十旭日(島根)・睡龍・生もとのどぶ(奈良)・冨玲・梅津の生もと(鳥取)・竹泉(兵庫)・上川大雪(北海道)ほか   【ワイン】 スペイン・ポルトガルワインを中心に品揃え
【ビールサーバーレンタル・無料貸し出し】樽代のみでサーバーとサーバー用氷も無料。札幌市内・近郊は配達も無料。
ホームパーティーやイベントなどにご利用ください

2014年11月26日水曜日

第8回 ボージョレヌーヴォの会 開催しました。

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

先日、ボージョレ・ヌーヴォの会を開催しました。
毎年恒例のイベントで、ありがたいことにいつも盛況になり、本当にお客様には感謝致します。
毎年開催している場所ですが、【レストラン のや】です
いつも美味しい料理を沢山ご用意いただきありがとうございます。

料理の一覧は、こちらです。











ヴィニュロン デ テール セクレット マコン ヴィラージュ ヌーヴォ 2014 2,500円 
「テール セクレット」とは「秘密の土地」という意味。爽やかな味わいの白ワインのヌーヴォです。
ボージョレ地区では、白ワインを醸造していないため、マコネー地区で造られたヌーヴォとなります。シャルドネのフレッシュさと果実味を最大限に引き出すため、
通常のマコン・ヴィラージュより低温で発酵しています。

フェルナン ラロッシュ ボージョレ ヌーヴォ 2014 1,500円
19世紀にボージョレ地区に設立されたネゴシアン。ボージョレ全生産者の70%が管理下にあるため高いレベルで安定した品質のワインを供給できます。瓶は安全なペットボトル、味わいは、フルーティで軽いタッチです。

ルイ テット ボージョレ ヌーヴォ 2014  2,350円
ポットと呼ばれるボトルは、かつてボージョレやリヨンなどを中心とした地域で流通していたボトルで、高品質と認められたボージョレだけに使用が認められています。
コストパフォーマンスが高く、上品な味わいです。

ドメーヌ シャサーニュ ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォ 2014 3,100円
ボージョレのワインコンクールで何度も一位に選ばれております。綺麗な赤紫色で果実味と酸のバランスも取れています。味わいを生かすために清澄や濾過は一切行っておりません。
しっかりとした味わいで、旨みが凝縮しています。

ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォ キュヴェ サントネール 2014 3,200円
サントネールとは、100年という意味です。樹齢100年のガメイが栽培されるブドウだけを選りすぐり、1本のブドウ樹にブドウ房を数房しか残さずという贅沢な造りをしています。
パリの高級ワインショップだけに卸されていたという、まさに逸品中の逸品。
毎年用意している、ヌーヴォ。いつの年代に飲んでも外さないワインです。

ヴィスー ボージョレ ヌーヴォ レ グリオット 2014 3,400円
奇跡の果実を持つボージョレと称されるグリオットと名付けられた区画で実ったヌーヴォ用のブドウを厳選して使用。減農薬を実践し、除草剤は不使用。自然に寄り添う栽培手法でブドウを育てています。フランスの評価本【クラスマン】でボージョレ史上初の2つ星を獲得しています。
今回初めて用意したヌーヴォ。深みと味わいがマッチ。上質なヌーヴォです。

ここから、1年以上前のボージョレを用意しました。(私の店にある地下室の中で貯蔵させていただきました。)

ルイ テット ボージョレ ヌーヴォ 2013
こちらのボージョレは1年寝かしたタイプですが、独特の香りが漂い、個性が出てきますね。


ドメーヌ シャサーニュ ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォ 2012
こちらは、2年熟成したタイプ。味わいの落ち着きは感じられます。

ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォ キュヴェ サントネール 2012
こちらも2年熟成タイプ。味わいのバランスは良いです。

ワインのラインナップです。

会の雰囲気です。お越しいただいたお客様、ありがとうございました。


まだ参加したことが無い方、
来年も開催しますので、是非ご参加お待ちしております。




*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

2014年11月13日木曜日

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

11月ですが、穏やかな日が続きますね。
今日は久々の寒さを感じましたが、雪のない日が続くことを祈りたいものです。
雪が降ると、一気に交通障害にもなりますし、気をつけないといけませんね。

さて、先日日本酒試飲会~旭菊を愉しむ会を開催しました。
詳細は後日掲載予定ですが、少人数ならではの密な話しになり個人的には
充実した会になったのかなと思います。

それでは、今週の日本酒ご紹介ですが、

金滴彗星 純米大吟醸 25BY になります。
金滴彗星 純米大吟醸酒です



金滴彗星 純米大吟醸                  1.8ℓ  3,600円(税込)         
                                             720ml  1,800円(税込)

アルコール分 16~17度 原料米 北海道空知産 彗星 精米歩合 40%

香りが、ビスケットのようなロースト香がふわりとあり、
カツゲンのような乳酸っぽい印象もあります。
口に含むと甘酸っぱく上品な味わいが広がり、心地よい印象があります。
出来たての味わいですのでやや若さを感じますが、【彗星】という酒造好適米の良さを
存分に引き出した日本酒です。燗でいただくより常温もしくは冷蔵で。
料理との相性ですが、味噌田楽や胡麻を使った料理(胡麻団子など)と
合わせていただくと良いかなと思います。
寒い季節に胡麻だれを使った鍋料理も良いですよね。
是非、お試し下さい。



*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

2014年11月5日水曜日

今月9日開催の日本酒試飲会~旭菊を愉しむ会 まだまだ募集中ですよ

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

とうとう11月になりましたね。早いなぁというのが実感です。
今年は不思議と気温が暖かい日が多く、11月とは思えない日が続いてますね。
先月末からストーブをつけていますが、最近は点けたり消したりの繰り返し。
出来れば、今年いっぱいまでは根雪になってほしくないですね。

先日は、コワーキングスペース ドリノキのイベント懇親会でアルコールの利き酒
米の違いなどの利き飯なるものを開催し、その中で私は、日本酒、焼酎(粕取)、ワイン(白)、味醂を用意し回答していただきました。
さすがに皆さん殆どの方が間違えていませんでしたが、
利き飯のほうでは、微妙な違いでかなり難しい印象を受けました。
違いはなんとなく感じるけれど、どれがこの米なのか米そのものの特徴がわからないので
難しい問題でしたね。中々、米の違いを食べ比べるというのはなかった試みだったので
かなり興味深い内容でした。
大体、3ヶ月ペースで開催してます、また次回も面白い企画で行きたいと思います。
チムチム中村さんです、お弁当つくりで極力化学調味料を使わない料理をご提案しています。

利き飯の内容

答えは、左からワイン・味醂・焼酎・日本酒です





さあて、残り僅かになりました。日本酒試飲会~旭菊を愉しむ会
福岡県の蔵元【旭菊】の呑み比べとなります。
冷や、燗の飲み比べに、料理との相性も考えながら皆さんで討論をしたいと考えております。
初心者でも歓迎しますので、是非、お気軽に楽しく呑みませんか。
ご参加お待ちしております。

日本酒試飲会~旭菊を愉しむ会
日時:平成26年11月9日(日) 午後5時開始
場所:小飼商店内
住所:札幌市中央区北2条東11丁目23番地
TEL:011-241-6045 FAX:011-221-1004
会費:4,000円
締切:11月7日まで



さて今週の日本酒ご紹介ですが、こちらになります。
旭菊 生もと 純米酒 24BY 1.8ℓ 3,000円(税込3,240円)
原料米:山田錦 精米歩合:60% アルコール度数:15度 日本酒度:+5.0

1年熟成した日本酒で、かなり上品な造りの味わいになります。
因みに【生もと】というのは、何ぞやというと
生もと:水、麹、蒸米だけを仕込み、糖化と同時に乳酸菌を育てる昔ながらの酒母造りの製法。
出来た酒は独特の力強さと旨みがある。
(タンクの中で出来た乳酸菌は野生酵母や雑菌を殺し、自らも自分が出した乳酸の酸性で弱っていく。強い酵母はそんな中でも生き抜くが、アルコール発酵でアルコールの弱い乳酸菌もやがて絶え、結果的に純粋酵母だけが残る手法、酒母完成までに30日近くかかる)

飲んでみますと、甘酸っぱく濃厚でちょっと重たい印象もあります。1年以上経っているので若干の熟成の香りは感じますが、ただ特にこれといった個性が殆ど感じられません。

燗(50度くらい)でいただくと、酸味と甘みが出て、パンチが効いてきます。
料理の相性が抜群に良くなります。肉料理や脂の乗った魚など味付けの強い料理とも良さそう。
個人的には、冷やも燗もほぼ万能な印象を持ちます。
冷やでも生もと独特の酸味は強く感じませんし、燗にしてもバランスを崩すことはありません。普段のみでも良いですね。

本当にしっかりとした造りの生もとは上品だと改めて感じる日本酒です。
9日に日本酒試飲会を行いますが、皆さんの意見が愉しみですね。

*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html