☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★

☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★     営業時間 平日 9:00-20:00 土曜 9:30-19:00 定休日:日曜・祝日
【日本酒販売銘柄】  扶桑鶴(島根)・竹鶴(広島)・旭菊(福岡)・肥前蔵心(佐賀)・杜の蔵(福岡)・七本鎗(滋賀)・神亀(埼玉)・諏訪泉(鳥取)・天穏(島根)・るみこの酒(三重)・杉錦(静岡)・十旭日(島根)・睡龍・生もとのどぶ(奈良)・冨玲・梅津の生もと(鳥取)・竹泉(兵庫)・上川大雪(北海道)ほか   【ワイン】 スペイン・ポルトガルワインを中心に品揃え
【ビールサーバーレンタル・無料貸し出し】樽代のみでサーバーとサーバー用氷も無料。札幌市内・近郊は配達も無料。
ホームパーティーやイベントなどにご利用ください

2015年2月25日水曜日

4月にイベント開催します。~第9回 蔵元を囲む会 フランス料理を楽しみながら

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

2月とは思えないほどの雪解けですね。路面もかなり顔を出し、徐々に春を感じる今日この頃です。
何より、屋根の雪かきがかなり解消されたのが本当に幸いです。
ただ、油断は出来ませんので、3月も寒さ対策、充分に取りたいですね。

さて先日、北海道雑誌Otone(オトン)(2月15日発売)の日本酒特集で、
「燗」の楽しみ。という欄にて取材を受けました。
本当に雑誌に掲載していただき、編集部の皆様、非常に感謝致します。
ちょっと感じたのが、燗酒についてどこまでお話しするべきか、
あまりマニアックに伝えるわけにも行かず、
また書面のページの都合上もありで、ちょっと悩みましたが、
まず、燗酒を飲んだことの無い方が、燗酒って美味しいんだという印象を与えられれば、
有難いかなと思い、このような文面を書いていただきました。
知っている人ならば、もっと深い話しをしたらなど、のご意見もあったかも知れませんが
それは徐々に、ブログなり、イベントで発信をして少しづつ理解していただけたらと思っております。
それだけ日本酒というのは奥深く、個人的には燗酒、または食中酒をもっと普及していきたいと
改めて思った次第です。
さあ、これからも自分自身の考えを邁進したいと思いますよ。
もし興味がありましたら、O.tone最新号(2月15日発売)にてP35に掲載してます。
もしよろしければ、ご覧になっていただけたら幸いです。


そして、毎年恒例のイベントを4月に開催します。
このイベントに参加いただくとよりいっそう燗酒ワールドにはまりますので
是非一度、興味のある方お待ちしております。

毎年恒例となります、蔵元を囲む会。
若手3蔵元、扶桑鶴(島根県)・竹鶴(広島県)・肥前蔵心(佐賀県)をお呼びして、
日本酒と食事を愉しみながら
蔵元とのお話しを堪能いただきます。

今回は、フランス料理をご用意し、日本酒と料理のマリアージュ
楽しんでいただけたらと思います。
日本酒は和食というイメージを変え、しっかりとした日本酒は
フレンチやイタリアンなど洋食にもマッチングしますので
【冷や】と【燗】の呑み比べをしながら、蔵元のお話を聞いていただけたらと思います。
めったに無いイベントですので、是非、お待ちしております。
参加蔵元:扶桑鶴(島根県)、竹鶴(広島県)、肥前蔵心(佐賀県)
※ NHK連続テレビ小説【マッサン】の実家として登場した広島県竹原市【竹鶴酒造】の蔵元もお越しいただきます。




第9回 蔵元を囲む会~フランス料理を楽しみながら 
in BISTROT deja?
日時:平成27年4月6日(月) 19:30開始
場所:BISTROT deja?(ビストロ デジャ)
住所:札幌市中央区北3条東5丁目5番地 岩佐ビル1F
TEL:011-219-6235
会費:6,000円(税込)
締切:4月4日まで


お問い合わせ・お申込み 
㈱カネキ小飼商店 
住所:札幌市中央区北2条東11丁目23番地

TEL:011-241-6045  FAX:011-221-1004 
E-mail:kogai.sake@diamond.broba.cc

*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

2015年2月18日水曜日

雑誌 O.tone(オトン)に掲載していただきました。 

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

今週に入り、すっかり春めいた天候や気温が続きますね。
先月とはまるっきり気候が変わり、ちょっと拍子抜け感はありますが、
元気に行きたいと思います。
季節の変わり目ですので、風邪やまた屋根からの落雪、スリップなどには充分に注意しましょう。

さて、有難いことに今回 北海道の雑誌O.tone(オトン)の2月15日発売で日本酒特集が組まれており、【燗の楽しみ】 という欄でコメントさせていただきました。
うちの妻も、飲食店紹介などに名前を掲載しております。
もし機会がありましたら、ご購入いただき読んでいただけたら幸いです。

オトン編集部の皆様、誠に有難うございます。
これからも日本酒の啓蒙、また燗酒、食中酒と発展していきたいと思います。





またどしどしと、日本酒のご案内、イベント情報などびしびしお知らせいたします。



*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

2015年2月4日水曜日

鮨ノ蔵をお招きして 鮨と日本酒を味わう会

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

早いもので2月に入りました。札幌では1月はかなり雪が多く
除雪三昧と化しております。

1月を振り返ると、正月、温泉旅行、屋根の雪かきなどちょっとのんびり且つハードな1月でした。
まあ、まだまだ寒さは続きますが、風邪など体調には充分注意をして
気をつけましょうね。


さて、今年最初の小飼商店にてのイベント
2月1日に鮨ノ蔵をお招きして 鮨と日本酒を味わう会を開催しました。

鮨ノ蔵とは、半年以上前からお互いにコラボをしましょうとお話しをしておりましたが、
中々、場所や内容などが固まらず、四苦八苦しておりました。
鮨ノ蔵 店長の井川さんから小飼商店でも可能というお話しをいただき
打合せを重ねて、実現に向かいました。

初の試みでしたが、昼の部、夜の部の2部制で行い、
妻の料理と鮨ノ蔵の鮨、そして小飼商店の日本酒で1貫づつ日本酒をご提案致しました。

最初は、乾杯酒ということで、こちらを


神亀 活性純米にごり酒 25BY    720ml   1,850円(税込 1,998円)   
アルコール分 17.0~17.9度  精米歩合 55% 原料米 阿波山田錦(徳島県) 
シュワシュワとした口当たりの爽快感は、スパークリングワインを思い出す味わいです。
フワッとしたメロンやミントのようなフルーティな香り、口当たりはしっかりですが、爽快感もありあまり重たく感じられません。乾杯酒として飲んでいただきます。

まず始めには、お通しにこちらを

蛸づけグリル ごま油掛け


妻が作った酒粕味噌おでん。


今回は、鮨に合わせる日本酒とそのほかにこちらも用意しました。



杜の蔵 純米酒  25BY     1.8ℓ        2,200円(税込 2,376円)       
アルコール分 14.0度  日本酒度 +5.0  精米歩合 65%  原料米 夢一献(福岡県)
すっきりとした口当たり、甘さ、酸味、苦味など突出した印象が薄く、とてもバランスが保たれてい
る。きりっとした味わいをいただくなら冷や【常温】で料理との相性を考えるなら【燗】でいただき
たい日本酒です。

杜の蔵 純米酒を徳利で出し、鮨が握られる間、飲んでいただきました。

最初に握りは、

平目の白身です。昆布〆で用意したそうです。


旭菊 特別純米酒 熱燗(50度)でいただきました。

旭菊 特別純米酒      25BY       1.8ℓ     2,300円(税込 2,484円)         
アルコール分 15.0度   精米歩合 60%  原料米 夢一献
綺麗で甘酸っぱい風味が印象的で、穏やか且つ上品。ぬる燗でいただくとより繊細な味わいを楽しめます。上品な日本酒ですので白身には最適かと考えこちらをチョイス

ここから次々と握られます。

鮪のづけです。


天穏純米にごり酒で合わせました。


天穏 純米にごり酒 24BY       1.8ℓ        2,900円(税込 3,132円)       
アルコール分 15~16度 日本酒度 +7.0  精米歩合 68%  原料米 改良雄町
ヨーグルトのような乳酸系の風味が漂い、甘いカステラを思い出す香りもほのかに感じます。
口当たりメロンのようなフルーティな印象もあり、奥からゆっくりと甘みと苦味を感じます。 ちょっと熱めの燗でいただくと甘酸っぱく上品な口当たりが広がりバランスが増します。


鯖。身にだけ酢を吹き付け、皮の食感が残る感じに。


十旭日 純米 改良雄町でいただきました。


十旭日 純米改良雄町  25BY     1.8ℓ      2,600円(税込 2,808円)         
アルコール分 15~16度 日本酒度 +13.0  精米歩合 70%  原料米 改良雄町 
シナモンやモッツアレラチーズのような乳酸系の香り、うっすらシナモンのような印象も。
酸味とシナモンの甘味がしっかりあり、ちょっと熱めの燗でいただくことにより味わいの
落ち着きさが増します。


次々と行きますね。

タチの握り。60℃で味を入れてます




日本酒は、今、連続テレビ小説【マッサン】にも生家として登場しております
竹鶴酒造 小笹屋竹鶴 宿根雄町 純米原酒 になります。


小笹屋竹鶴 宿根雄町純米原酒  25BY  1.8ℓ 3,300円(税込 3,564円)    
アルコール分 19.4度 日本酒度 +3.0  精米歩合 65% 原料米 宿根産雄町 (契約栽培)
契約栽培の雄町を使用、こちらは除草に合鴨を使った農法で作ったお米で、化学肥料、除草剤等農薬を一切使用しないお米です。甘く澄んだ香りでカステラのような甘みを感じる。
強い甘みとしまった酸味が強く、洋酒やシェリーの印象も。燗にすることにより甘みと苦味が強調されます。

毛蟹(写真ブレててすみません)

十旭日 純米酒 改良雄町をぬる燗(45度くらい)でいただきました。
あえてぬる燗でいただくことにより、若干酸味を少し感じさせまた苦味を出して、毛蟹との相性を探ってみました。

鱒のラズベリーコンフィチュール乗せ

こちらは、旭菊 特別純米酒をぬる燗でいただきました。上品さは変わらず、あえて重さを出し、鱒のしっかりとした肉厚に合わせるよう、合わせてみました。


妻の料理で 上士幌町・村上農場のじゃがいもと菜花ジェノベーゼ風

常連の方から イナゴの佃煮もいただきました。
(珍味でしたが、大変日本酒のアテになりました、有難うございます。)

こちらは、鮨ノ蔵さんからサービスで中トロを用意していただきました。

こちらもサプライズで、十旭日 生もと純米原酒 25BYで合わせました。
突然だったのですが、中トロという脂の乗った魚であれば、しっかり且つ強い日本酒ということで
十旭日 生もと原酒を用意致しました。
やはりパンチはあります。濃厚な甘味の中に酸味と苦味を感じ、中トロの脂とマッチしています。



ウニの下にカニの味噌和え

こちらは、小笹屋竹鶴 宿根雄町 純米原酒をぬる燗で
甘みが強く感じ、ウニのクリーミーさを調和する味わい、



最後は、リコッタチーズの鮨!

天穏 純米にごり酒をぬる燗で、上品な酸味がリコッタのチーズの乳酸とマッチして絶妙な味わいになりました。


このようなラインナップで行い、昼、夜と2回 走るように終わりました。
終了後は、脱力感と安堵感で一杯でした。
その間にも、常連さんの片付けのお手伝い、食器下げなど本当にお客様に大変助けていただいた会でもありました。
これほどの人数で開催するのは、初めてでもあり、良い経験をさせていただきました。
また次回開催するときには、スムーズに行い、且つ楽しくやりたいと思います。

改めて、今回お越しいただいたお客様、
こまめに片付け、食器下げをしていただいた常連様、などなど
また今回わざわざ小飼商店までお越しいただいた【鮨ノ蔵】店長 井川さん
本当に感謝致します。美味しいお寿司とつまみを誠に有難うございました。

妻も、何品か料理をこしらえていただき、美味しく食べていただいたのは大変嬉しく思います。
これからも切磋琢磨してよい会にしていくように心がけたいと思います。

次回は、久々にワインなんぞ検討しております。
詳細が決まりましたら、ご案内しますね。


鮨ノ蔵 札幌市中央区南2条西4丁目 乙井ビル B1
           TEL:080-3237-5430
     営業時間:17:00~23:00
     定休日:日曜日



*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html