☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★

☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★     営業時間 平日 9:00-20:00 土曜 9:30-19:00 定休日:日曜・祝日
【日本酒販売銘柄】  扶桑鶴(島根)・竹鶴(広島)・旭菊(福岡)・肥前蔵心(佐賀)・杜の蔵(福岡)・七本鎗(滋賀)・神亀(埼玉)・諏訪泉(鳥取)・天穏(島根)・るみこの酒(三重)・杉錦(静岡)・十旭日(島根)・睡龍・生もとのどぶ(奈良)・冨玲・梅津の生もと(鳥取)・竹泉(兵庫)・上川大雪(北海道)ほか   【ワイン】 スペイン・ポルトガルワインを中心に品揃え
【ビールサーバーレンタル・無料貸し出し】樽代のみでサーバーとサーバー用氷も無料。札幌市内・近郊は配達も無料。
ホームパーティーやイベントなどにご利用ください

2015年3月25日水曜日

大学時代の仲間に会いました

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

今週は寒いのか、暑いのかはっきりして欲しい天気ですね。
先週は3月とは思えないほど想像以上に暖かく、残雪も殆ど溶けてしまい、
もう春本番といった様相でしたが、今週に入り、平年と逆戻りとなっておりますね。
毎年の傾向を見ると、大体平均的に雪や寒さがありますので
やむなしですね。
もう少しで暖かくなると思うので、辛抱、辛抱ですね。

さて、先日大学時代のサークル仲間と久々にお会いしました。
もう20年以上も会っていない人もいたこともあり、
また野郎だけでの飲み会10名ということもあって、かなり大騒ぎな会となりました。
飲んだお酒の量も(一人は飲めませんでしたので)9名で
ビール2杯(一人当たり)、日本酒 4升 を飲み干しました。(ちなみにすべて燗です)
内容はお話しできませんが、学生時代の話や、下ネタあり、
自分たちの仕事についてなど多岐にわたり盛り上がりました。
ただ、かなり個性が強く、良くも悪くも自分勝手な仲間であり、失礼発言が目白押しでしたね。
午後7時から11時までの4時間ぶっ通しのトーク炸裂でした。

ちなみに日本酒ですが、
るみ子の酒 無濾過生酒 1.8ℓ
低アルコールタイプ

天穏 生もと純米にごり酒 1.8ℓ
爽やかな酸味と旨味が凝縮、冷やでも燗でもいけます。

旭菊 生もと純米クラシック 1.8ℓ
しっかり系な生もと、若干荒めな味わいが熱燗(50度強)に向きます。

十旭日 純米五百万石 19BY 1.8ℓ
正に紹興酒、旨味と味わいのバランスが整い、嫌な熟成の甘みがなくスイスイと飲めます。




最後に今回は【旬の味 しょう】 で美味しく繊細な料理を沢山用意していただきました。
本当にありがとうございました。
また、騒ぎすぎてすみません、次回は、少しおとなしく呑みます。

サークルの皆さん、本当に有難うございました。
また、会いましょう。そして馬鹿騒ぎをしましょう。
時間のない中、集まっていただき、失礼発言も笑って流せる仲間というのは
本当にかけがえのないものですね。
本当に大事にしたい仲間です。

先輩に教えてもらった言葉で、就職してから会う仲間は、
学生時代に沢山一緒に飲みにいったかで決まる
なんて言葉を思い出してしまいました。
さあ、気持ちを引き締めて行きましょう。

旬の味 しょう
札幌市中央区北3条東3丁目1-39 酒井ビル 1F
TEL 011-252-7275



*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

2015年3月18日水曜日

島根県の蔵元【十旭日】 新酒入荷です

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

いきなりですが、3月になりましたね。
早い、早い。
本当にそんな印象です。
私も友人が転勤などあり、寂しい時期にもなりますね。
出会いもあれば、別れもある、
特に今年は、そんな印象が強いですね。
まずは、心機一転。
暗くならずに前向きに行きたいと思います。

さて、蔵元を囲む会ですが、おかげさまで、満席となりました。
本当に参加いただく皆様、有難うございます。
とりあえず、これからはキャンセル待ちとなりますので
ご了承下さい。
また席数が空くようでしたら、順次お伝えいたします。


第9回 蔵元を囲む会~フランス料理を楽しみながら 
in BISTROT deja?
日時:平成27年4月6日(月) 19:30開始
場所:BISTROT deja?(ビストロ デジャ)
住所:札幌市中央区北三条東5丁目5番地 岩佐ビル1F
TEL:011-219-6235
会費:6,000円(税込)
締切:4月4日まで
参加蔵元:扶桑鶴(島根県)、竹鶴(広島県)、
肥前蔵心(佐賀県)

そして、日本酒紹介ですが

今回は、こちら


十旭日 生もと純米生原酒 26BY 1.8ℓ 3,200円(税込 3,456円)
原料米 五百万石 精米歩合 70% 日本酒度 +8.0 
酸度 2.7 アミノ酸度 2.4

平成20年度から生もと造りを始め、今期で7年目となります、旭日酒造。
生酒をいただき、どのような味わいか改めて試飲をして見ました。
ハンドクリームや生のほのかな香り、濃い濃厚な甘みが広がり、
ゆっくりと酸味がどっしりと広がる。
甘味、酸味などが強く、苦味が優しい。
若々しい印象もありますが、味わいの力強さがしっかり感じます。
これからどのように味わいが広がるのか、楽しみな日本酒です。
燗(50度くらい)でいただくと、うっすらコーンっぽい香りと甘みがしっかり感じ
甘酸っぱさが広がり、濃厚。
丸みも出て、すっきり感も出てくるようです。
料理との相性ですが
冷やの場合は、山椒やうなぎ系の料理
燗の場合は、 パテ系などの洋食、モツ煮などとも合わせたいですね。

生酒なので燗酒には、という方も多いかと思いますが
しっかりとした日本酒は、冷やのみならず燗でも美味しくいただけます。
ちょっと生酒特有のにおいは出てくる場合はありますが
燗にすることにより、熟成度合いも見えてきますし、味わいの個性がわかりやすくなります。
ちょっと挑戦してみるのも、面白いのかなと思いますよ。



*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

2015年3月4日水曜日

搾りたてをご紹介~佐賀県の蔵元【肥前蔵心】 特別純米酒 超辛口です

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

3月ですね。いやあ早いですなあ。
先月から今月にかけて札幌ではあっという間に路面の雪や雪山が一気に無くなりましたね。
いつもの3月であれば、まだまだ雪深い印象もありますが、何だか拍子抜けした感が否めません。
確かに雪かきは楽で、いつものような半日掛けて雪かきはめっきり減りましたから。
まあまだまだ、油断は出来ませんからね。
とにかく腰を痛めないよう、心がけたいと思います。

さて、来月開催の蔵元を囲む会、早いもので9回目となります。
まだまだ参加者募集しておりますよ。
参加蔵元も当店とも深いかかわりのある方、3蔵にお越しいただき
日本酒の話、造り、プライベートなど、ざっくばらんにお話しいただきます。
ゆっくり蔵元の方とお話しする機会は、中々無いかと思います。
今回はフランス料理をご用意し、日本酒と料理のマリアージュを楽しんでいただけたらと思います。
日本酒は和食というイメージを変え、
しっかりとした日本酒はフレンチやイタリアンなど洋食にもマッチングしますので
【冷や】と【燗】の呑み比べをしながら、蔵元のお話を聞いていただけたらと思います。
是非、ご参加をお待ちしております。



第9回 蔵元を囲む会~フランス料理を楽しみながら 
in BISTROT deja?
日時:平成27年4月6日(月) 19:30開始
場所:BISTROT deja?(ビストロ デジャ)
住所:札幌市中央区北三条東5丁目5番地 岩佐ビル1F
TEL:011-219-6235
会費:6,000円(税込)
締切:4月4日まで
参加蔵元:扶桑鶴(島根県)、竹鶴(広島県)、
肥前蔵心(佐賀県)

そして、日本酒ご紹介です。


肥前蔵心 特別純米酒 超辛口 1.8ℓ 2,500円(税込 2,700円)
原料米 雄山錦 精米歩合 60% アルコール度 17度 
日本酒度 +10.2 酸度 2.2


久々の登場です、佐賀県の蔵元【肥前蔵心】
来月開催する、【蔵元を囲む会】にも用意する蔵元です。
お付き合いしている蔵元で一番の若手になります。
これから注目する蔵元です。生もとや熟成系など幅広い日本酒を醸し
これからは、徐々に進化した味わいに変貌するのではと期待をしております。

今回は絞りたてをご提案いたします。
チューイングガムのような甘くとろんとした濃厚な香り、口当たりが上品で甘酸っぱく、苦味が濃い
サイダーのような印象も。冷蔵で冷やし、食前酒として飲んでいただくと食欲は増してくる日本酒です。燗酒向きではありませんが蔵元もあえてそのように造られたとのことでした。搾りたてのフレッシュさを感じながら、佐賀県で造られた蔵元を創造するのも乙な物です。
是非、一度 お験しあれ。


*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html