☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★

☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★     営業時間 平日 9:00-20:00 土曜 9:30-19:00 定休日:日曜・祝日
【日本酒販売銘柄】  扶桑鶴(島根)・竹鶴(広島)・旭菊(福岡)・肥前蔵心(佐賀)・杜の蔵(福岡)・七本鎗(滋賀)・神亀(埼玉)・諏訪泉(鳥取)・天穏(島根)・るみこの酒(三重)・杉錦(静岡)・十旭日(島根)・睡龍・生もとのどぶ(奈良)・冨玲・梅津の生もと(鳥取)・竹泉(兵庫)・上川大雪(北海道)ほか   【ワイン】 スペイン・ポルトガルワインを中心に品揃え
【ビールサーバーレンタル・無料貸し出し】樽代のみでサーバーとサーバー用氷も無料。札幌市内・近郊は配達も無料。
ホームパーティーやイベントなどにご利用ください

2016年3月21日月曜日

来月の【ヒルコガイ】10日開催です。~テーマは新酒をお迎えして

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

昨日、今日とちょっとゆっくりさせていただいてます。
今日は妻と一緒にプチ贅沢をしてきました。







私たちの結婚式を行ったセンチュリーロイヤルホテルで、優待チケットをいただき
食事に行ってきました。
明日から、気持ちを引き締めて行きたいと思います。


さて、毎月恒例イベント 有料試飲会改め【ヒルコガイ】
来月は4月10日、私の兄の誕生日に開催します。(まったく関係ありませんが・・・)

今回は、新酒をテーマにご用意したいと思います。
日本酒の造りが落ち着き、搾りたてのお酒が徐々に出てきてくる時期ですね。
小飼商店の日本酒はどちらかというとしっかりと味が乗っ
タイプが多いです。新酒ですが、だからこそ燗でいただき
味わいの風合いやまろやかさを感じていただけたらと
思います。
おつまみと合わせながら、ゆっくりと燗酒をいただき、
【冷や】【燗】の違いを味わって下さい。
お一人からでも是非、お気軽にお越し下さい。

システムは、
3種類の日本酒つきおつまみセット 1,000円
純米酒 300円
純米吟醸酒 400円
純米大吟醸酒 500円などです。
冷やもしくは燗でご用意致します。


4月の【ヒルコガイ】~新酒をお迎えして

日時:平成28年4月10日(日) 12:00~18:00

場所:小飼商店

住所:札幌市中央区北2条東11丁目23番地

TEL:011-241-6045 FAX:011-221-1004


是非ともお待ちしております。



*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

2016年3月15日火曜日

13日開催の【ヒルコガイ】 無事終了~来ていただいたお客様ありがとうございます

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

今日は、風が冷たい日でしたね。
店に並べている樽も転がる勢い。(風のあるときにならべると道端に散乱してますからね)
気をつけないと。

ちょっと恥ずかしいですが、嬉しいことに 3月13日付け北海道新聞朝刊の【ひと 2016】
掲載いただきました。道新の方々ありがとうございます。
恐ろしく満面な笑みで、かなり恥ずかしい写真ですが、
少しでも小飼商店の宣伝効果になれば有難いです。
機会がありましたら、ご覧になっていただけたら幸いです。


取材を受けたのが、約1ヶ月前
道新の記者の方から連絡があり、数日後、約1時間半近くまで取材を受けました。
この仕事のいきさつや、以前まで勤めていた会社のことなど色々とお話しし
文面をまとめて頂きました。
些細なことですが、意外だったのがカメラマンが撮るのかと思いきや、取材担当の記者がカメラを持って写真を撮ってくれたこと。記者の方もたいへんだなあと感じてしまいました。

これからも燗酒もそうですが、よい日本酒を広めるべく提案をしていきたいですね。

さて、13日に開催しました【ヒルコガイ】ですが、無事盛況に終わりました。
本当にお越しいただいた多くのお客様、ありがとうございました。

不慣れなこともあり、対応にご迷惑をお掛けして深くお詫び申し上げます。
これからは少しづつですが、反省点を補い、徐々に効率よく対応したいと思いますので
どうかよろしくお願い致します。

今回は、お初の蔵元 鳥取県【梅津酒造】を4種類+梅酒1種類、
ほかの日本酒を含めて9種類用意しました。

私どものコンセプトとしては、ただ日本酒だけをいただくのではなく、
料理もしくは発酵食品などの食べ物と一緒に飲んでいただくことにより、相性が良くなります。

今回用意した梅津酒造の日本酒は、味のキレがあり、そのままいただくとちょっと重たい
印象を持つのかもしれません。ただ、燗酒の日本酒のバランスを整える効果
料理とのマリアージュ(アテ)が上がりよりいっそう、スイスイと飲めてしまいます。 
また身体に優しいので、冷たい飲み物は胃で一度温めてから腸に到達しますが、
燗をすることにより、ダイレクトに腸までいきます。(胃の負担が軽くなるのです)

燗酒は、面倒くさいとお思いでしょうが、
ポットなどを使い、2分くらいお湯につけると出来上がります。
50度くらいを目安に、ちょくちょく味見をしながら日本酒の温度の相性を確認するのも
楽しいですよ。
もし機会がありましたら、お試しください。

次回の【ヒルコガイ】は、4月10日開催致します。
詳細は後日改めますが、来月は新酒を中心に行います。
是非、遊びにいらしてください。





*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

2016年3月13日日曜日

3月13日試飲会【ヒルコガイ】のご案内です―新蔵元・梅津酒造を中心に

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

本日18時まで開催の有料試飲会【ヒルコガイ】
新しい蔵元・鳥取県【梅津酒造】をラインナップし、
おつまみは明日ホワイトデーなので、
チーズのクッキーなどご用意しております。
今回は梅酒もご用意。新しい味わいをお試しください。
本日のメニューは・・・
●梅津(鳥取県)生酛おり酒27BY
●梅津(鳥取県)生酛25BY
●梅津(鳥取県)冨玲生酛仕込26BY
●梅津(鳥取県)冨玲生酛特別純米酒24BY
●梅津(鳥取県)良熟梅酒 野花
●神亀(埼玉県)純米酒真穂人
●杉錦(静岡県)生酛純米原酒きんの介
●旭菊(福岡県)綾花純米瓶囲い
●睡龍(奈良県)純米酒 涼

日本酒飲み比べ3種+道産逸品おつまみセットの
おつまみは
*札幌市・ 株式会社わらく堂 スイートオーケストラ
  「とまっちーず」
*札幌市・AEI INTER WORLD
  「円山ぴりか 半熟せんべい」
*室蘭市・ 室蘭うずら園「味付うずら卵」
*岩見沢市・ 株式会社 市川燻製屋本舗
   「岩見沢産落花生の燻製」
試飲のご来店は公共交通機関でお越しくださいませ。
ぜひお待ちしております!






















*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

2016年3月12日土曜日

新たな日本酒が入荷~鳥取県の蔵元【梅津酒造】になります

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

また札幌でも雪が降っておりますね。
3月に入り、まだ寒さが続きますが、風邪には気をつけたいものです。
正直、鳥取県の蔵元ツアーの高揚感がまだ残っており、まだ抜け切れていないのも事実。
気張ってかんといけませんな。

さて、蔵元ツアーで詳細は明かせませんでしたが、取引する蔵元が本日入荷しましたので
発表致します。

梅津酒造になります。
数年前からご存知でしたが、私どもの力不足との兼ね合いでお付き合いは難しかったのですが
今年改めて蔵元に伺い、お話と試飲をいただいてきました。
一番感じたのが、26BYから酒質が格段にアップしたこと。飲み比べをしてはっきりわかりました。
蔵人である札幌出身の楢見舘さんが加入したのもひとつの要因かと思います。

ちょっと簡単に蔵の説明を。

梅津酒造
慶応元年(1865)創業、初代梅津平蔵が酒造りを開始。主要銘柄である「冨玲」は、三代目藤蔵が命名。「しっかりした造りの程よく熟成した、お燗で美味しく飲める純米酒を」の気持ちを大切に酒造りをしております。日本の文化として、日本酒本来の魅力をしっかりとお伝えすることが蔵元の役目であり、当蔵の願いでもあります。
純米酒造りを志した五代目・蔵元は、平成18酒造年度からは醸造アルコール添加を廃止し、
全量純米蔵としてすべての日本酒を純米酒に変えました。
それは何も特別なことではなく、米で造ったお酒が日本酒であるという原点に返っただけのことと
捉えています。


今月13日の【ヒルコガイ】でも登場します。

ラインナップは
野花(のきょう) 梅酒 500ml 1550円
梅津の生もと おり酒 27BY 1.8L 4000円
梅津の生もと 25BY 1.8L 2800円
冨玲 生もと仕込 26BY 1.8L 3000円
冨玲 特別純米 阿波山田錦 24BY 1.8L 3400円
※すべて税抜き金額になります。


明日は、【ヒルコガイ】12時~18時まで行っていますので、
是非、フラッと遊びにいらしてください。




*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

2016年3月4日金曜日

3月の【ヒルコガイ】~新たな蔵元を用意いたします。

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m
3月になり、ひな祭りも過ぎ、もう3月4日となってますね。
まだインフルエンザなど風邪の季節がまだ続いております。
本当にご自愛くださいね。(自分も含めですが)

さて、毎月恒例イベントの有料試飲会改め【ヒルコガイ】
今月は3月13日、ホワイトデイの前日に開催します。
因みに私からの手作りクッキーはありませんので
ご容赦下さい。


今回は、新たな蔵元を中心にご提案したいと考えております。
まだ入荷してませんので詳細はお伝えできませんが、
鳥取県の蔵元になります。
おつまみと合わせながら、ゆっくりと燗酒をいただき、【冷や】【燗】の違いを味わって下さい。
お一人からでも是非、お気軽にお越し下さい。

システムは、
3種類の日本酒つきおつまみセット 1,000円

純米酒 300円
純米吟醸酒 400円
純米大吟醸酒 500円などです。

冷やもしくは燗でご用意致します(燗でなるべくいただいてね)


3月の【ヒルコガイ】~新たな蔵元をご用意して

日時:平成28年3月13日(日) 12:00~18:00
場所:小飼商店
住所:札幌市中央区北2条東11丁目23番地
TEL:011-241-6045 FAX:011-221-1004

是非ともお待ちしております。
写真は一例です。


*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

2016年3月2日水曜日

蔵見学に行ってまいりました。~今年は鳥取方面です。

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

なんだかんだ、3月に入りました。
早く書こうと思いつつ、こんなに時間が・・・。
 大変申し訳ありませんでした。

20日から22日までの蔵元見学はかなり濃厚な時間でした。
蔵元については多くは語れませんが、有意義な時間を過ごせました。
やはり現地で聞いて生の声を聞かないとわからないことが多いですね。
改めて実感いたしました。
自分も売り手として、中途半端な気持ちではいけないでしょうし
取引を本気で考えるのであれば、次の世代まで付き合っていただける関係でいたいといつも考えております。

だからこそ、今回うかがった蔵元はお伝えすることは出来ませんが、
取引が始まりましたら、順次ご連絡をしたいと思います。

さて初日は、 大阪伊丹空港からレンタカーを借り、一路津山へ。
なぜ津山までかというと、(B’Zのボーカルの故郷)イナバ化粧品に向かっております。
私個人としては、まったく興味はありませんが、妻がどうしても行きたいと言うことで
いってまいりました。



        そして、この後はこちらで食事。津山では名物というホルモンうどんです。


そして、いざ鳥取へ。

ここからは、写真でどうぞ。

中古自動車屋ですが、無化調ラーメンを出してくれます。
ラーメンを食べた後、諏訪酒造へ。、
諏訪酒造へ、綺麗な外観です

満天星の壁画(味があります)
その後は、ちょっと寄り道。

鳥取砂丘です。めちゃくちゃ寒かった。

かなり大雑把な内容になり、大変失礼致しました。

ただ、本当に濃密な蔵めぐりが出来、大変有意義な蔵見学を堪能致しました。

蔵元のこだわり、考え方など、生の声を聞かないとわからないことが多いので 
現場に行って話を聞かないとわからないことばかりでした。
この声を反映して、自分も売り手として、もっともっと多くのお客様にお伝えしてよいお付き合いを広げて行きたいと改めて思うしだいです。

今年は、少し積極的に攻めて、上手に提案していきたいですね。


さて、来週13日は有料試飲会改め【ヒルコガイ】開催します。
今月のテーマは【新たな蔵元を用意して、皆さんに飲んでいただこう】と思います。
Facebook上では、紹介しましたが、詳細は改めて告知します。









*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html