☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★

☆★☆カネキ小飼商店・営業案内★☆★     営業時間 平日 10:00-21:00 土曜 10:00-18:00 定休日:日曜・祝日
【日本酒販売銘柄】  扶桑鶴(島根)・竹鶴(広島)・旭菊(福岡)・肥前蔵心(佐賀)・杜の蔵(福岡)・七本鎗(滋賀)・神亀(埼玉)・諏訪泉(鳥取)・天穏(島根)・るみこの酒(三重)・杉錦(静岡)・十旭日(島根)・睡龍・生もとのどぶ(奈良)・冨玲・梅津の生もと(鳥取)・竹泉(兵庫)・上川大雪(北海道)ほか   【立ち呑み・角打ち営業】 平日15-21時/土曜12-18時 純米酒・サッポロビール・札幌産ワイン(八剣山・藤野)・北海道の美味しいおつまみをご用意。ちょい呑み大歓迎! 【ビールサーバーレンタル・無料貸し出し】樽代のみでサーバーとサーバー用氷も無料。札幌市内・近郊は配達も無料。ホームパーティーやイベントなどにご利用ください

2014年6月25日水曜日

神亀 はじめました。

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ 
ブログランキング参加しました。1クリックよろしくお願いしますm(_)m

今週に入り、やっと天気が回復してきましたね。
晴天も続き、とても心地が良いです。
自分もついに、消防団訓練大会の練習が始まりました。

夕方から、配達の合間をぬって皆で集まり、掛け声を掛けながらの練習。
約1時間の練習なのでまだ良いのですが、ただ背中などの筋肉痛が堪えます。

さらに7月1日からは
早朝4時30分からの練習が始まります。
それを10日間続けるわけですから、とても飲みに行く体力はありません。
来週からは自粛して、体力増加に勤しみたいと思います。

さて、とうとう入荷致しました。
ある意味、憧れでもありました、神亀酒造
その日本酒をお店で仕入れることが出来ました。
本当にありがとうございます。


因みに神亀酒造ですが、嘉永元年(1848年)創業。昭和62年には、全量純米酒に転換。戦後初の全量純米蔵に。【神亀】は、かつて蔵の裏手にあった「天神池」に棲むという「神の使いの亀」に因んだ銘柄名。「ひこ孫」とは曽孫の意、3年以上の熟成を経た酒に冠した銘柄です。
仕込み水は、秩父系荒川の伏流水。硬水ならではの骨格のしっかりとした辛口純米酒を醸しているそうです。

今回小飼商店で扱う日本酒ですが、
こちらです。






















神亀 ひこ孫 1.8ℓ 3,700円(税込 3,996円)
原料米 阿波山田錦 精米歩合 50% アルコール分 15~16度

試飲をしてみますと、【冷や】水あめのような香りがあり、口に含むと、甘く、ハッカのようなミント系な
味わいがうっすら感じます。アルコールが強いような印象もありますが、きりっとした味わいと旨みが心地よいです。この日本酒ですが、3年以上熟成してから出荷する日本酒で、熟成酒独特の風味や味わいがあるかと思いましたが、かえって角が取れたかのような印象でここまで綺麗に仕上がるのかと驚きました。
料理の相性ですが、肉類などでスパイシー系な料理、脂の乗った魚の刺身との相性がよさそうです。

【燗】でいただくと、香りがシュークリームの皮のような(乳酸系)な香りで、味わいが甘みと苦味の調和が綺麗にまとまっています。
料理の相性ですが、燻製や梅と鰹節を合えたおひたしなどとの相性がよさそうです。

先日、この日本酒を試飲して、何だか感慨深いものもあり気づくと1升瓶を開けそうになりました。
味もさることながら、この日本酒を扱える幸せが込み上げてしまいましたね。

日本酒の美味しさを堪能しませんか。
是非、ご注文お待ちしております。

*小飼商店Facebookページ → http://www.facebook.com/kogaisake
*小飼商店メールマガジン → http://www.mag2.com/m/0001573878.html

1 件のコメント:

  1. Salmons continually displays his TweetDeck today, in 스마일토토 search of news. He typically places within the names of quarterbacks within the search operate to maintain tabs on harm statuses and likewise looks for reside weather reviews. At the same time, he is aware of} he needs to be cautious not to get duped by Twitter tricksters who get their kicks from constructing profiles that replicate these of mainstream reporters and duping people with faux news.

    返信削除